読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとのこと知りたいだけなのに。

夏休みはもうおわり。

CLML を ローカルからロードできるようにする。

Common Lisp CLML

「あれ? Quicklisp でロードできる」と気付いてどうなってんだ?と思い CLML が Quicklisp でロードされる場所を確認してみると以下の Github リポジトリだった。

github.com

もとからフォークされている。 ファイルもすこぶる整理されているみたい。

眺めていて気持ちが良い。

早速このリポジトリを自分のGithubリポジトリにクローンする。

github.com

ほいで (ql:quickload :clml) でロード。

CL-USER> (ql:quickload :clml)
To load "clml":
  Load 1 ASDF system:
    clml
; Loading "clml"
..................................................
[package clml]
(:CLML)

最後に確認。

CL-USER> (ql:where-is-system :clml)
#P"C:/Users/yanqi/prj/clml/"

おしまい。