読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとのこと知りたいだけなのに。

夏休みはもうおわり。

今後のプログラミング言語の発展

これからはプログラミング言語だけでは駄目だ。

ものづくりはハードウェアも作れないと駄目だ。

これからは電脳空間と物理空間がまざりあう。 それが加速し、実現されていく。

プログラミング言語の発展はハードウェアと合せて発展しなければならない。

やはり lisp プロセッサが必要なんだ。

ハードウェアは 視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚 に訴えかける必要がある。 今は存在しないものもこれからどんどん実装される事になるだろう。

そうすれば、それらを電脳空間とむすびつけることは容易になる。

どんなことが実現できるかは今はまだわからない。

しかし、そこの媒介として lisp が存在すればいい。

そこでの媒介となる言語は何なのか。