読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとのこと知りたいだけなのに。

夏休みはもうおわり。

ibus-skk のインストール

OpenSUSE のデスクトップ環境で SKK を利用するため ibus-skk をインストールします。

インプットメソッドはいろいろあるみたいですが ibus を利用することにしました。 (たいした理由はありません)

ibus-skk のインストール

とりあえず ibus-skk をインストール。 sudo zypper install ibus-skk

HHKBのためのキーボード配列の変更(OS再起動)

SKK自体にキーボード配列の設定を持っており、初期状態は日本配列になっています。

HHKBは英語配列なので、この設定を英語配列に変更します。

以下のファイルのlayoutタグの内容は以下のファイルに設定があります。

/usr/share/ibus/component/skk.xml

このファイルはXML形式です。<layout>の部分をjpからusに変更します。

変更前: <layout>jp</layout>
変更後: <layout>us</layout>

ファイルを保管してOSを再起動すれば設定が完了です。

ウインドウ毎に インプットメソッドを分けるようにする

次はウインドウ毎に インプットメソッド を分けられるようにせんにゃぁイケん。

じゃないと emacs 使うときに、ダブってわけわからんようになるけぇ。

下の手順で設定すりゃぁOKよ

  • アクティビティ -> 設定 -> 地域と言語 -> ボタン:オプション をクリック。
  • 「ウインドウ毎に別のソースを使用可能にする」を選択する。

おわり

以上で ibus-skk のインストールが終わりです。 インプットメソッドとか辞書とかの設定は今後書いていきます。

Linuxシステム[実践]入門 Software Design plus

Linuxシステム[実践]入門 Software Design plus

連載INDEX

yanqirenshi.hatenablog.com