読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとのこと知りたいだけなのに。

夏休みはもうおわり。

カメレオンに誘われて openSUSE 13.2 のインストール (その参)

その参は インプットメソッドの設定 するけぇ。

とりあえず ibus-skk をインストール。

sudo zypper install ibus-skk

キーボード配列の変更 : 日本語 → 英語

このままじゃと日本語のキーボード配列のままじゃけぇ、英語に変えんとイケん。

HHKB つこぉとるけぇね。

キーボードの配列を設定しとるんは下のファイルなんよ。 /usr/share/ibus/component/skk.xml

このファイルは xml になっちょるけぇ、その タグ:layout の内容を jp から us に変えちゃりゃぁエエんよ。

変更前: <layout>jp</layout>
変更後: <layout>us</layout>

ほいで、再起動すりゃぁ出来あがりじゃけぇ。

楽勝いね。

ウインドウ毎に インプットメソッドを分けるようにする

次はウインドウ毎に インプットメソッド を分けられるようにせんにゃぁイケん。

じゃないと emacs 使うときに、ダブってわけわからんようになるけぇ。

下の手順で設定すりゃぁOKよ

  • アクティビティ -> 設定 -> 地域と言語 -> ボタン:オプション をクリック。
  • 「ウインドウ毎に別のソースを使用可能にする」を選択する。

以上。